買取 事故暦修復歴

買取の際に事故歴や修復歴を申告せずに隠す

事故歴や修復歴は正直に申告しましょう

車買取の際に事故歴や修復歴を申告せずに隠して、バレなければ高く売れるんじゃないかと 思う方も多いかもしれませんが、愛車の買い取りの際は、必ず事故歴を、正直に申告しましょう。

 

例えば、電柱にぶつけバンパーを交換した、バックした時にリアをぶつけ修理に10万円もかかった等です。

 

車に事故は、つきものですから、過去に何かあれば、必ず隠さずに申告しましょう。

 

実際、愛車を手放す場合、どの程度までの事故歴なら申告すべきか、どの程度なら言わずにおくかで悩む人も、少なくないようです。

 

修復暦車(車体の骨格部分を損傷して修正または交換)の場合や、ボンネットやドア、リアゲート(トランク)など。これらを交換するほどの、大きなダメージを負ったときには、正直に申告するべきです。

 

買取の際に事故歴や修理歴を申告せずに隠しても、実は何の意味もありません。最初は見破られなくても、買い取り後には、何人ものプロに評価されます。特に現在では、オートオークションに回されることが多く、そこで車の程度を更に厳しく判断されます。いくら隠しても、事故歴は必ず分かってしまうと思った方が、間違いありません。その場合は、店との契約内容にもよりますが、返金はもちろん、最悪の場合は、損害賠償請求の問題が起こることもあり得ます。

 

中古車で購入した車を売却する場合は、前オーナーの事故歴はわかりません。その際は、店側に「後日、事故歴や冠水が分かっても、契約解除はしない」という旨の一筆を入れてもらった方がいいでしょう。少しでも挙動が怪しかったりすると「信用できない、傷やヘコミを隠しているかもしれない」とマイナス要素を探す目が厳しくなりがちです。ですから、まずは、「事故歴などは隠そう」という気持ちを持たず、正直に素直に申告しましょう

中古車の査定はカービューの一括見積りがおすすめ!

カービュー人気の理由!


世界41メーカー・778車種の買取相場が分かる!
複数の会社が査定するので適正価格で査定!
査定費用は何社でも無料
申込みはカンタンでわずか3分で完了!
競争入札だから、高額査定の買取り店だけに依頼!
しつこい営業が無い


一度に複数の買取会社へ申し込むことにより、手間が大幅に省け買取金額が比較できるので、直接店舗に行って買取を申し込むよりも高額で売却できる確率が大幅に上がります


ホーム RSS購読 サイトマップ